• Twitter

    • Instagram

    • Facebook

  • 059-332-3456

    059-332-3457

  • 診療時間カレンダー

小児科

小児科について

慢性や急性、症状の程度など幅広い疾患でお悩みのお子様が小児科には来院します。発熱・鼻水・嘔吐・腹痛・ひきつけ(痙攣)などの一般的なものから、気管支炎・肺炎などの呼吸器疾患、湿疹・あせも・とびひなどの皮膚疾患、水痘・おたふくかぜなどさまざまです。
まだ自分の言葉で物事を伝えるのが苦手なお子様もいらっしゃいますので、当院ではお子様の診察に関して、大人の見方で接しないよう心がけています。そして、少しでも気にかかることがあれば、すぐに専門医に紹介する体制を整えています。

こんな症状の方はご相談ください

  • 熱・せき・痰・鼻水・のどの痛み
  • ひきつけ
  • 吐き気・嘔吐
  • おねしょ
  • 肌がカサカサしている
  • 元気がない
  • 呼吸時にゼーゼー、ヒーヒーする
  • お腹の調子が悪い
  • 食欲がない
  • 発疹が出ている
  • 泣き方がいつもと違う
  • 顔色が悪い/機嫌が悪い

お薬や検査についての考え方

子どもと成人では、病気のかかりやすさや自然回復力がまったく異なります。そのため、一般的な症状に関しては抗生物質を慎重に投与することを心がけています。これは抗生物質が本当に必要になる時、最大限効果を発揮させるためです。

お子様の体調不良に関しては、はっきりとした症状がない場合、定期的に通院し、経過観察を行うのも大切な治療の選択肢です。また、検査に関してもお子様に負担をかけることがあるので、症状や状態にあわせて、必要最低限の検査にとどめます。

WEB予約
問診票

ページトップへ戻る